Last Updated 2012/03/03
Office
Access2010 で AutoExec 回避
2012/03/03

Access2007 とは違い,shift キーを押しながら起動すると AutoExec マクロの実行を回避出来る。
(MDB が信頼済みドキュメントの場合)

開く MDB が信頼済みドキュメントでなければ「セキュリティの警告」情報バーで「コンテンツの有効化」ボタンがある。
この「コンテンツの有効化」をそのままクリックするとマクロが有効になり,AutoExec が実行されてしまう。
AutoExec マクロを無効にするには shift を押しながら「コンテンツの有効化」をクリックする。

一度コンテンツを有効にした MDB ファイルは1度閉じてから開いてもマクロが有効になる。
(信頼済みドキュメントとなる)

再度「コンテンツの有効化」ボタンを表示したい場合は,以下の様にする。
「ファイル」メニュー選択
「オプション」
「セキュリティセンター」選択
「セキュリティセンターの設定」ボタン押下
「信頼済みドキュメント」選択
「クリア」ボタン押下

こうすることで信頼済みをリセットして,再度「セキュリティの警告」バーが表示される。

信頼済みか否かで AutoExec マクロを回避する方法が違うが,Access2007 の時と同様に,どんな場合でも実行する(開く)時は shift を押しながらと覚えておけばよい。


参照
Access2007 での方法
前後のTips
Access2010 で AutoExec 回避

DSS ProgrammingTipsCGI Ver1.02