Last Updated 2004/07/29
Programming Tips Visual C++ MFC CView  索 引 
ウィンドウぴったりの FormView
2004/07/29

CFormView のダイアログリソースの大きさを,ビューの大きさに連動するようにする.
(CFormView のリソースの大きさにビューの大きさをあわせることの反対である)


void CEliteView::OnInitialUpdate() 
{
    CFormView::OnInitialUpdate();
    CRect   lpRect;
    GetClientRect( lpRect );
    GetDlgItem( IDC_FORMVIEWCTRL )->MoveWindow( lpRect );
}

void CEliteView::OnSize(UINT nType, int cx, int cy) 
{
    CFormView::OnSize(nType, cx, cy);
    CRect   lpRect;
    GetClientRect(lpRect);

    CWnd* pWnd = GetDlgItem( IDC_FORMVIEWCTRL );
    if( pWnd && pWnd->GetSafeHwnd() ) {
        pWnd->MoveWindow(lpRect);
    }
}

OnSize() はウィンドウを作成する過程でも送られるので注意が必要である


参照
FormView でぴったりのウインドウ
スクロールバー非表示
クライアントサイズぴったりのウィンドウ
前後のTips
ウィンドウぴったりの FormView

DSS ProgrammingTipsCGI Ver2.01